気ままに。。

お絵描きと共に雑事を描いてます。

経緯

虚血性結腸炎から腎細胞がんが見つかるまでの経緯

2020,12.19   

 昼食を食べた後、おなかが張っていつもの張りと違い少し痛みもあった。

 午後3時ごろ激しい腹痛(下腹)冷やせ、下痢(下血大量、赤)

 夕方、発熱37.1 

 22時 37.5度 腹痛、下痢(少々)下血(少々)

2020.12.20     

 6時30分 腹痛。下痢(少々)下血(少々) 粘液状熱37.7度

 医者に行った方がよいと判断して、病院の救急外来に電話をして

   症状を伝え、コロナを心配したら下血のほうが心配といわれた。

   日曜日でこの症状を見られる先生がいなかったので、

 消防の#7719に電話して、消化器内科のある病院を紹介してもらうように言

 われる。

 消防に電話をして教えていただいた病院に電話をすると「来てください」 と

    ということで息子に送ってもらう。

   コロナ禍のこと、熱があるので別室で待つことになる。

 あまり待つことなく先生が来てくださり、いろいろと検査

 身長・体重・心電図・血液検査・腹部のレントゲン・エコー 

   HIV、梅毒の検査もあり同意書にサイン。

 エコーの結果「虚血性結腸炎」と診断。ネット情報で調べた病名だった。

 入院になり、コロナ禍のため抗体検査を受ける。陰性。

 1週間の入院。着の身着のままの入院。コロナ禍のため入院中は家族の面会禁止。

 移動は病室のあるフロアーのみ。24時間マスク着用

  禁食となり24時間点滴が6日間

 6日目の朝初めての食事、3分粥とみそ汁・市松煮

 ソフトヨーグルト・味噌汁が具なしでした。

 寝たきりだと体力が落ちるのでリハビリもメニューにあり。

 

2020・12・25      

 14時、Y先生より今回の病状の説明と今回のCT画像で左腎臓に腫瘤

 が突出しているのが見つかる。今度は造影剤を入れてのCT検査。

 

 

2020・12・26    

 10時 泌尿器科K先生より説明。左腎臓に2cmぐらいの腫瘤

 腎細胞がん。

   この年では取らなくっても寿命全うできるのでないか、

 取って良性だったらとか考える。紹介した先の先生と相談するようにと。

 

 紹介状を書いていただき、予約もして頂いた。 地図までつけてくださった。